So-net無料ブログ作成
検索選択

カテゴリ:バッティング

バッティングのカテゴリ記事一覧。野球大好きいろいろ!
0-66.jpg ..

バッティングバッティングの基本は、素振りだといわれています。どんな名選手でも、素振りは絶対に欠かせません。では、なぜ素振りが大事なんでしょうか?これから、素振りの重要性を説..

記事を読む

0-17.jpg ..

バッティングホームランを打つのは、野球の醍醐味の一つですよね。では、そのホームランって、どうやって打つんでしょうか?これから、ホームランを打つために必要な要素をいくつか紹介..

記事を読む

0-16.jpg ..

バッティング物事の上達には、上手な人の真似すると良いと聞きますよね。では、野球の上達のためには、プロ野球選手の真似をすればいいんでしょうか?その答えは、イエスです。それでは..

記事を読む

0-15.jpg ..

バッティング野球のバッターをやっている限り、打率の向上は考えなければなりませんよね。でも、実際に打率を上げるには、筋力アップが重要になります。では、バッターには具体的にどこ..

記事を読む

やっぱり素振りは重要?

0-66.jpg
バッティングの基本は、素振りだといわれています。

どんな名選手でも、素振りは絶対に欠かせません。

では、なぜ素振りが大事なんでしょうか?

これから、素振りの重要性を説明しましょう。

・筋力トレーニング
・無駄な力が抜ける
・イメージトレーニング

最初は、筋力トレーニングですが、バット(特に重たいバット)を振り続けることによって、バッティングに必要な筋力がつきます。

しかも、振り続けることで、スイングスピードもつくのです。

素振りは、効率的な筋力トレーニング方法の一つだといえますね。

次に、無駄な力が抜けるですが、素振りを数百回続けると、体に疲労が溜まっていくでしょう。

段々、バットを持つことさえ、きつくなるはずです。

でも、その時こそ、力を入れずにスイングすることができます。

また、できるだけ疲れたくないので、余計な動きをしなくなります。

それが無駄のないスイングになるのですね。

最後に、イメージトレーニングですが、素振りの上級者になると、ただバットを振るということはありません。

実際の打席をイメージしながら素振りします。

例えば、外角の球が苦手であるなら、外角の球がきたことをイメージしながら素振りすると、実際の試合でも活躍できます。

ホームランを打つコツって?

0-17.jpg
ホームランを打つのは、野球の醍醐味の一つですよね。

では、そのホームランって、どうやって打つんでしょうか?

これから、ホームランを打つために必要な要素をいくつか紹介します。

・パワーとスピード
・角度

最初は、「パワーとスピード」ですが、ホームラン以前に、バッティングには来たボールを打ち返す動作が必要になります。

ピッチャーが投げる球というのは、それなりに威力があるものです。

それに、バッターの力をぶつけることでボールが飛びます。

より強い力をぶつけ、ボールに伝えるためには、バットのスイングスピードが必要不可欠です。

パワーとスピードをつけたいなら、やはり筋力トレーニングが必要になるでしょう。

次に、角度ですが、いくらパワーとスピードがあったとしても、叩きつけるバッティングでは打った球が下方に行ってしまいます。

ですので、ある程度の角度をイメージしてスイングすることが重要です。

具体的には、35~40度と言われています。

ただ、角度を上げることをイメージし過ぎると、アッパースイングになり、フライが上がり過ぎてしまうので注意しましょう。

プロの選手を真似ると上達する?

0-16.jpg
物事の上達には、上手な人の真似すると良いと聞きますよね。

では、野球の上達のためには、プロ野球選手の真似をすればいいんでしょうか?

その答えは、イエスです。

それでは、具体的にはどのようなことを真似すれば良いのか説明します。

・技術
・姿勢

最初は、技術ですが、プロの第一線で活躍している選手は例外なく高等な技術を持っています。

それを少しでも真似て、自分の物にしてしまえば、上達できるのは間違いありません。

しかし、プロ野球選手の強靭な肉体と類まれなセンスがあるからこそ、できる技もあります。

上手に真似できなくても、「自分には才能がないから」なんて諦めないでください。

自分と体型が似た選手を選んで、自分のスタイルにはまるものを見つけましょう。

次に、姿勢ですが、プロ野球選手になるには、人並み以上の才能や運が必要になります。

しかし、長くプロ野球選手を続けている人は、それだけでなく野球に対する独自の姿勢を持っているものです。

例えば、イチロー選手は道具手入れは人に任せず、自分自身で行っています。

また、自身のことを天才とは思っておらず、継続的な努力の上で結果が成り立っていると考えているそうです。

地道で辛い練習に耐え抜き、上達するためにも、そういったプロの姿勢を学ぶことも重要になるでしょう。

バッターに必要な筋力って?

0-15.jpg
野球のバッターをやっている限り、打率の向上は考えなければなりませんよね。

でも、実際に打率を上げるには、筋力アップが重要になります。

では、バッターには具体的にどこの筋力が必要なんでしょうか?

これからパーツごとに説明していきます。

・背筋力
下半身

まず、背筋力についてです。

バッティングに必要な筋力といえば、腕力だと思う人が多いでしょう。

確かに腕力も必要なんですが、実は背筋力の方が重要です。

ボールを腕力だけで飛ばすことを手打ちと呼び、手打ちをしていては良い打率を残すことはできません。

バッティングは体全体を使ってボールを遠くに飛ばすことが重要なので、背筋力が高ければ高いほど飛距離が伸びますし、強い球がきても対応できるでしょう。

次に、下半身ですが、バッティングというのは、打つ前にバックスイングをとります。

一旦、後ろに体重をのせ、前方の足を軸に腰を回転させて、下半身から伝わってきた力を背筋、腕力へと伝え、ボールを飛ばします。

ですので、下半身が弱いと力が伝わりません。

腰の回転時に足の筋力が弱いと、十分に回転できないのです。

そのため、バッターには下半身の筋力も必要不可欠だといえます。

だからこそ、冬場には徹底的に走りこみをするんですね。

Copyright © 野球大好き All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。