So-net無料ブログ作成
検索選択

月別アーカイブ:2015年01月

2015年01月の記事一覧。野球大好きいろいろ!
0-53.jpg ..

バッティング直球は打てるけど、変化球だと全然打てない。このような悩みって、頻繁にききますよね。では、変化球を打つには何が必要なんでしょうか?・タイミング・読みこの二つが重要..

記事を読む

0-52.jpg ..

バッティングヒットは打てるけど、どうしてもシングルヒットだけで、ホームランが打てないという悩みをよく聞きます。打球の飛距離を伸ばすには、どうしたらいいのでしょうか?これから..

記事を読む

0-54.jpg ..

バッティングバッティングで速い球を投げるピッチャーと対決した時には、打てないこともよくあると思います。速球派ピッチャーと対決した時に結果が出ない理由をいくつか紹介します。・..

記事を読む

0-48.jpg ..

バッティングプロ野球で名バッターといわれるイチロー選手や現役時代の落合監督は、広角打法で高打率を保っていました。では、広角打法ってなんでしょうか?それをこれから説明します。..

記事を読む

0-66.jpg ..

バッティングバッティングの基本は、素振りだといわれています。どんな名選手でも、素振りは絶対に欠かせません。では、なぜ素振りが大事なんでしょうか?これから、素振りの重要性を説..

記事を読む

0-17.jpg ..

バッティングホームランを打つのは、野球の醍醐味の一つですよね。では、そのホームランって、どうやって打つんでしょうか?これから、ホームランを打つために必要な要素をいくつか紹介..

記事を読む

変化球が打てない時はどうしたらいい?

0-53.jpg
直球は打てるけど、変化球だと全然打てない。

このような悩みって、頻繁にききますよね。

では、変化球を打つには何が必要なんでしょうか?

・タイミング
・読み

この二つが重要になります。

最初は、タイミングですが、変化球というのは直球を待っている打者のタイミングを外すために投げられています。

右に曲がったり、落ちたり、予想より遅かったりと様々です。

次に何がくるかわからない状態だと、打者には迷いが生じます。

勝負事において、迷ってしまったら完全に負けです。

それでは、変化球を打つには、どうタイミングを計ればいいのでしょう。

まず、バックスイング時に腰を深く沈めてください。

そうすれば、多少タイミングが外されても、体のバランスが残っている状態ですので、変化球への対応が可能になります。

また、バランスを保つのには、体幹を鍛えるのが良いとされています。

次に、読みですが、もし、カーブがくるとわかっていれば、打てる可能性も高まりますよね。

つまり、相手ピッチャーの癖や配球パターンを見抜くのも重要なのです。

それに、予想外の変化球がきたとしても、カットと呼ばれるファウルにするバッティング技術を持っていると、自分の好きな球がくるまで粘ることができるでしょう。

打球の飛距離を伸ばすには?

0-52.jpg
ヒットは打てるけど、どうしてもシングルヒットだけで、ホームランが打てないという悩みをよく聞きます。

打球の飛距離を伸ばすには、どうしたらいいのでしょうか?

これから、飛距離を伸ばすのに必要なことを説明します。

・スイング
・筋力トレーニング

最初は、スイングですが、スイングに問題があると、いくらタイミングが合っても飛距離が伸びません。

具体的にいうと、下方にスイングしている「ダウンスイング」と呼ばれる状態になっている可能性があります。

ダウンスイングは下方に振るので、どんなにがんばっても、飛距離が伸びないのです。

飛距離を伸ばすには、35~40度の角度で打つイメージを持って振ると飛距離が伸びると言われています。

また、打ち方の問題ですが、手打ちと呼ばれる腕力だけのスイングでは飛距離は伸びません。

野球のスイングは、下半身の力が重要です。

全身を使ったスイングができれば、必ず飛距離は伸びます。

次に、筋力トレーニングですが、スイング、タイミングがばっちりでも飛距離が伸びない場合には、パワー不足が考えられます。

飛距離を伸ばすには腕力をイメージしがちですが、重要なのは背筋と下半身です。

野球のバッティングというのは、下半身の力に腰の回転を加え、腕、そして、バットに伝えます。

ですから、最初のパワー源である下半身は徹底的に鍛えましょう。

速球が打てない時はどうしたらいい?

0-54.jpg
バッティングで速い球を投げるピッチャーと対決した時には、打てないこともよくあると思います。

速球派ピッチャーと対決した時に結果が出ない理由をいくつか紹介します。

・スイング
・動体視力
・読む

最初に、スイングですが、スイングが遅いと、速球を打つのは無理です。

速球にはそれなりに威力がありますので、タイミングを合わせるだけで遅い球より遠くに飛びます。

長打を狙うのであれば、スイングスピードを上げなければなりません。

また、これは攻略法になりますが、バットを短く持つという方法もあります。

スイングは遠心力ですから、長ければ長いほど力を必要として、スピードも遅くなってしまいます。

逆に、バットを短くすることで、速くスイングすることができるのです。

ただ、ちゃんとスイングスピードを上げるなら、やはり筋力トレー二ングをした方がいいでしょう。

次に、動体視力ですが、速い動きに反応するには動体視力が重要です。

ボクシング選手やF1ドライバーの動体視力が優れているように、速い物や動きに目を慣れさせることが必要になります。

ですので、体だけでなく目のトレーニングも行ってください。

最後に、読むですが、ヒットやホームランを打つには、相手バッテリーとの駆け引きも必要不可欠です。

相手ピッチャーの投球パターンや癖を見抜き、速球がくることが読めれば反応できるでしょう。

広角打法って何?

0-48.jpg
プロ野球で名バッターといわれるイチロー選手や現役時代の落合監督は、広角打法で高打率を保っていました。

では、広角打法ってなんでしょうか?

それをこれから説明します。

・広角打法とは?
・広角打法はなぜ有利なの?
・広角打法の身につけ方

最初に、「広角打法とは?」ですが、これは振り子打法とか、一本足打法といった打ち方のことをいっているわけではありません。

広角打法とは、引っ張り、センター返し、流し打ちと、あらゆる打ち方ができることをいいます。

次に、「広角打法はなぜ有利なの?」ですが、先述のように、広角打法とはあらゆる打ち方ができることです。

つまり、投球に応じて柔軟に対応できるということになります。

ピッチャーというのは常に、バッターのタイミングを外したり、三振をとることを考えています。

だからこそ、相手バッターの裏をかいたり、手の出ないコースに投球するわけですね。

それに対し、対応能力が高い広角打法なら、ヒットにできる可能性が高くなります。

それで、打率も他の人より上がるのです。

最後に「広角打法の身につけ方」ですが、これは練習しかありません。

バッティング練習の時にあらゆるコースに投げてもらい、実際に打って感覚を体に染み込ませるしかないでしょう。

また、落合選手やイチロー選手の実際の打ち方を研究するのも大事です。

やっぱり素振りは重要?

0-66.jpg
バッティングの基本は、素振りだといわれています。

どんな名選手でも、素振りは絶対に欠かせません。

では、なぜ素振りが大事なんでしょうか?

これから、素振りの重要性を説明しましょう。

・筋力トレーニング
・無駄な力が抜ける
・イメージトレーニング

最初は、筋力トレーニングですが、バット(特に重たいバット)を振り続けることによって、バッティングに必要な筋力がつきます。

しかも、振り続けることで、スイングスピードもつくのです。

素振りは、効率的な筋力トレーニング方法の一つだといえますね。

次に、無駄な力が抜けるですが、素振りを数百回続けると、体に疲労が溜まっていくでしょう。

段々、バットを持つことさえ、きつくなるはずです。

でも、その時こそ、力を入れずにスイングすることができます。

また、できるだけ疲れたくないので、余計な動きをしなくなります。

それが無駄のないスイングになるのですね。

最後に、イメージトレーニングですが、素振りの上級者になると、ただバットを振るということはありません。

実際の打席をイメージしながら素振りします。

例えば、外角の球が苦手であるなら、外角の球がきたことをイメージしながら素振りすると、実際の試合でも活躍できます。

ホームランを打つコツって?

0-17.jpg
ホームランを打つのは、野球の醍醐味の一つですよね。

では、そのホームランって、どうやって打つんでしょうか?

これから、ホームランを打つために必要な要素をいくつか紹介します。

・パワーとスピード
・角度

最初は、「パワーとスピード」ですが、ホームラン以前に、バッティングには来たボールを打ち返す動作が必要になります。

ピッチャーが投げる球というのは、それなりに威力があるものです。

それに、バッターの力をぶつけることでボールが飛びます。

より強い力をぶつけ、ボールに伝えるためには、バットのスイングスピードが必要不可欠です。

パワーとスピードをつけたいなら、やはり筋力トレーニングが必要になるでしょう。

次に、角度ですが、いくらパワーとスピードがあったとしても、叩きつけるバッティングでは打った球が下方に行ってしまいます。

ですので、ある程度の角度をイメージしてスイングすることが重要です。

具体的には、35~40度と言われています。

ただ、角度を上げることをイメージし過ぎると、アッパースイングになり、フライが上がり過ぎてしまうので注意しましょう。
Copyright © 野球大好き All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。