0-50.jpg


自宅でできるバッティングの練習法としては、次の三つがオススメです。

・素振り
・ティーバッティング
ランニング

まず、素振りですが、素振りは自宅でできるバッティング練習法の王道ですよね。

でも、ただバットを振ればいいというものでもありませんから、一振り一振り丁寧に振るようにしてください。

回数を決めて惰性で振るくらいなら、その時のコンディションに合わせて、一振りずつ集中して振る方がずっと効果的です。

いいかげんに素振りしていると、バッティングフォームが崩れてしまうこともありますから、集中力を切らさないように気をつけます。

もし、自宅に練習用のスペースを確保できる場合には、ティーバッティングもやるようにしましょう。

ティーがなければ、トスバッティングでもいいですし、硬式ボールとバットでやらなくても、バトミントンのシャトルを使ったり、新聞紙を丸めたものをバットにしたりと様々な方法があります。

素振りよりも打つ感覚が掴みやすいので、練習に付き合ってくれる人と場所が確保できるなら、ぜひやるようにしてください。

それから、ランニングも自宅でできるオススメのバッティング練習法の一つです。

ランニングなんてバッティングには無関係だと思うかもしれませんが、下半身筋肉を鍛えるためにも、体力をつけるためにも、ランニングは欠かせません。

試合で活躍するために、ぜひこれらの方法で自宅でもバッティングの練習をするようにしましょう。


ピッチング・スピードアッププログラム

 カテゴリ

 タグ