0-52.jpg


バットにボールが当たらない時に、効果的な練習方法を三つご紹介します。

・近い位置からボールを投げてもらう
・バントの練習をする
・素振り

まず、近い位置からボールを投げてもらうですが、近くから下手投げで投げてもらって、バットに当てる練習をしましょう。

バットに当てられるようになってきたら、徐々に距離を離していって、最終的には試合と同じ距離で投げてもらってください。

また、バントの練習をするのも、バットにボールを当てられるようになるためには効果的な練習方法です。

もし、練習に付き合ってくれる相手がいないようなら、ひたすら素振りをするというのも効果的でしょう。

ただ、やみくもにバットを振るのではなく、鏡でフォームチェックしながら、もしくは、試合でバッターボックスに立っているのをイメージして素振りしてください。

これらの練習である程度の自信がついたら、バッティングセンターなどで試してみるのもいいかもしれませんね。

とにかく慣れることが肝心ですから、諦めずに練習を続けましょう。


ピッチング・スピードアッププログラム



 カテゴリ

 タグ