0-52.jpg
ヒットは打てるけど、どうしてもシングルヒットだけで、ホームランが打てないという悩みをよく聞きます。

打球の飛距離を伸ばすには、どうしたらいいのでしょうか?

これから、飛距離を伸ばすのに必要なことを説明します。

・スイング
・筋力トレーニング

最初は、スイングですが、スイングに問題があると、いくらタイミングが合っても飛距離が伸びません。

具体的にいうと、下方にスイングしている「ダウンスイング」と呼ばれる状態になっている可能性があります。

ダウンスイングは下方に振るので、どんなにがんばっても、飛距離が伸びないのです。

飛距離を伸ばすには、35~40度の角度で打つイメージを持って振ると飛距離が伸びると言われています。

また、打ち方の問題ですが、手打ちと呼ばれる腕力だけのスイングでは飛距離は伸びません。

野球のスイングは、下半身の力が重要です。

全身を使ったスイングができれば、必ず飛距離は伸びます。

次に、筋力トレーニングですが、スイング、タイミングがばっちりでも飛距離が伸びない場合には、パワー不足が考えられます。

飛距離を伸ばすには腕力をイメージしがちですが、重要なのは背筋と下半身です。

野球のバッティングというのは、下半身の力に腰の回転を加え、腕、そして、バットに伝えます。

ですから、最初のパワー源である下半身は徹底的に鍛えましょう。

 カテゴリ

 タグ