So-net無料ブログ作成
検索選択

記事一覧

ソフトボール佐藤 理恵さんが書いている、ソフトボール上達革命DVDが売れているみたい。アマゾン(Amazon)とかにも、あるのかな?ソフトボール上達革命DVD 最安値?とか..

記事を読む

0-15.jpg ..

バッティングバッティングで飛距離を伸ばすにはどうしたらいいのでしょうか?・下半身を使う・正しいミートポイントでボールを打つ・フォロースルーを大きくするこれらの三つがバッティ..

記事を読む

0-53.jpg ..

バッティング素振りはした方がいいのでしょうか?上手くなりたい、打てるようになりたいと思うなら、素振りはした方がいいでしょう。例えば、イチローは、高校での三年間は一日も休まず..

記事を読む

0-51.jpg ..

バッティング選球眼を鍛えるためには、まず、自分にとってのストライクゾーンを知ることが大切です。ストライクゾーンはバッターの体格によっても微妙に異なりますから、自分にとっての..

記事を読む

0-50.jpg ..

バッティング自宅でできるバッティングの練習法としては、次の三つがオススメです。・素振り・ティーバッティング・ランニングまず、素振りですが、素振りは自宅でできるバッティング練..

記事を読む

0-52.jpg ..

バッティングバットにボールが当たらない時に、効果的な練習方法を三つご紹介します。・近い位置からボールを投げてもらう・バントの練習をする・素振りまず、近い位置からボールを投げ..

記事を読む

0-50.jpg ..

ピッチングバッティングに必要になるのはどこの筋肉なのかというと、代表的なのは三箇所です。・腕・背筋・下半身まず、腕の筋肉ですが、これは当然すぎるくらい当然ですよね。力強い..

記事を読む

0-10.jpg ..

バッティングバッティングセンターで効果的な練習をするためには、バッティングフォームが完成されていることが前提条件になります。バッティングセンターのマシンの球を打つことばかり..

記事を読む

0-24.jpg ..

ピッチングどうすれば、速球を投げられるようになるのでしょうか?速球を投げる方法としては、速い球を投げるための妨げになっている要素を全部排除するというのがオススメです。・リ..

記事を読む

0-23.jpg ..

ピッチング正しいピッチングフォームは、故障を防ぐためにも、コントロールを良くして速球を投げるためにも、しっかりと身につけたいものです。ここでは、基本的なピッチングフォーム..

記事を読む

ソフトボール上達革命DVD通販は? アマゾン(Amazon)にある?

佐藤 理恵さんが書いている、ソフトボール上達革命DVDが売れているみたい。
アマゾンAmazon)とかにも、あるのかな?
ソフトボール上達革命DVD 最安値?とか、2ch(2ちゃんねる)では、怪しいという評価もあったけど
ひどい悪評やクレームは、ないようだから、インチキではなさそう。
北京オリンピック5番打者、東京女子体育大学コーチである著者が
ソフトボール初心者、素人指導者向けに開発したソフトボール上達法って、言ってるけど、やっぱ簡単にはいかないよねえ。
作者の経歴や評判は? 
一生懸命練習しているのにいつも補欠の子どもでも、
ソフトボールを短期間で上達させるのは簡単なんだって。
効果あるってこと?これは試してみてもいいかなー。0-24.jpg

飛距離を伸ばすにはどうしたらいいの?

0-15.jpg


バッティングで飛距離を伸ばすにはどうしたらいいのでしょうか?

下半身を使う
・正しいミートポイントでボールを打つ
・フォロースルーを大きくする

これらの三つがバッティングで飛距離を伸ばすためには大切です。

まず、下半身を使うですが、下半身をしっかり使って、全身の力を全てバットに伝えて振らないと、飛距離を伸ばすことはできません。

そのためには、下半身の筋肉を鍛えるだけでなく、体幹を鍛えたり、バッティングフォームを見直したりする必要があるでしょう。

それに、正しいミートポイントでボールを打つことも、飛距離を伸ばすためには必要不可欠です。

正しいミートポイントで、ボールの芯のやや下をバットの芯の少し上のところで打つことができれば、力を入れなくてもぐんぐん飛距離が伸びます。

さらに、フォロースルーを大きくすると、飛距離が伸びるでしょう。

打球を打つ方向に向かってバットを投げ出してしまうようなイメージで大きく振ると、腕や肘が伸びた状態になるはずです。

インパクトの瞬間に気を抜かずに、フォロースルーまで注意深くスイングしてください。

ピッチング・スピードアッププログラム


 カテゴリ

 タグ

素振りはした方がいいの?

0-53.jpg

素振りはした方がいいのでしょうか?

上手くなりたい、打てるようになりたいと思うなら、素振りはした方がいいでしょう。

例えば、イチローは、高校での三年間は一日も休まずに、寝る前に10分素振りをしたそうです。

また、巨人寮には、松井が素振りをしすぎたために、畳が擦り切れてボロボロになった「松井部屋」が永久保存されています。

それに、掛布は現役時代、毎日500回の素振りをしていました。

このように、一流のバッターには素振りを欠かさないでやっていた時期があるものです。

しかも、ただバットを振っていたのではなく、一振りごとにテーマを決めるなど、集中して素振りしていたことがあの打率に繋がっていました。

例えば、実際にバッターボックスに立っているところをイメージして、投手が投げてくる球の速度や球種まで考えて振れば、イメージトレーニングになります。

それに、素振りの際に、バッティングフォームを確認して、正しいバッティングフォームを維持することも、とても重要なことです。

一日の回数を決めて、義務的に嫌々やるのではなく、ポイントを押さえて効果的に素振りをしてください。

ピッチング・スピードアッププログラム

 カテゴリ

 タグ

選球眼を鍛える方法は?

0-51.jpg

選球眼を鍛えるためには、まず、自分にとってのストライクゾーンを知ることが大切です。

ストライクゾーンはバッターの体格によっても微妙に異なりますから、自分にとってのストライクゾーンをしっかりと把握する必要があります。

それに、審判によってもストライクとボールの境界線は違ってくるものですよね。

自分がバッターボックスに立つ前に、ある程度は審判のクセを見極めておくといいでしょう。

また、基本的なことではありますが、ボールをできるだけ長くみつめるということも重要です。

見送るならボールがキャッチャーミットにおさまるまで、バットを振る場合でも可能な限りずっと見続けます。

ボールが見やすいようにスタンスを変えたり、目線の高さを一定に保ったりといったことも必要になるでしょう。

さらに、踏み込む際に目線がブレないように、静かにそっと足を着地させることも意識してください。

こういったことを踏まえて、ストライクだけをバットの芯にあてるバントの練習をすると、選球眼が鍛えられるはずです。

ピッチング・スピードアッププログラム

 カテゴリ

 タグ

自宅でできるバッティングの練習法は?

0-50.jpg


自宅でできるバッティングの練習法としては、次の三つがオススメです。

・素振り
・ティーバッティング
ランニング

まず、素振りですが、素振りは自宅でできるバッティング練習法の王道ですよね。

でも、ただバットを振ればいいというものでもありませんから、一振り一振り丁寧に振るようにしてください。

回数を決めて惰性で振るくらいなら、その時のコンディションに合わせて、一振りずつ集中して振る方がずっと効果的です。

いいかげんに素振りしていると、バッティングフォームが崩れてしまうこともありますから、集中力を切らさないように気をつけます。

もし、自宅に練習用のスペースを確保できる場合には、ティーバッティングもやるようにしましょう。

ティーがなければ、トスバッティングでもいいですし、硬式ボールとバットでやらなくても、バトミントンのシャトルを使ったり、新聞紙を丸めたものをバットにしたりと様々な方法があります。

素振りよりも打つ感覚が掴みやすいので、練習に付き合ってくれる人と場所が確保できるなら、ぜひやるようにしてください。

それから、ランニングも自宅でできるオススメのバッティング練習法の一つです。

ランニングなんてバッティングには無関係だと思うかもしれませんが、下半身筋肉を鍛えるためにも、体力をつけるためにも、ランニングは欠かせません。

試合で活躍するために、ぜひこれらの方法で自宅でもバッティングの練習をするようにしましょう。


ピッチング・スピードアッププログラム

 カテゴリ

 タグ

バットにボールが当たらない時にはどうしたらいいの?

0-52.jpg


バットにボールが当たらない時に、効果的な練習方法を三つご紹介します。

・近い位置からボールを投げてもらう
・バントの練習をする
・素振り

まず、近い位置からボールを投げてもらうですが、近くから下手投げで投げてもらって、バットに当てる練習をしましょう。

バットに当てられるようになってきたら、徐々に距離を離していって、最終的には試合と同じ距離で投げてもらってください。

また、バントの練習をするのも、バットにボールを当てられるようになるためには効果的な練習方法です。

もし、練習に付き合ってくれる相手がいないようなら、ひたすら素振りをするというのも効果的でしょう。

ただ、やみくもにバットを振るのではなく、鏡でフォームチェックしながら、もしくは、試合でバッターボックスに立っているのをイメージして素振りしてください。

これらの練習である程度の自信がついたら、バッティングセンターなどで試してみるのもいいかもしれませんね。

とにかく慣れることが肝心ですから、諦めずに練習を続けましょう。


ピッチング・スピードアッププログラム



 カテゴリ

 タグ

バッティングに必要になるのはどこの筋肉?

0-50.jpg


バッティングに必要になるのはどこの筋肉なのかというと、代表的なのは三箇所です。

・腕
・背筋
下半身

まず、腕の筋肉ですが、これは当然すぎるくらい当然ですよね。

力強いバッティングをするためには、腕の筋肉が必要不可欠でしょう。

腕立て伏せやダンベルなどを利用した筋トレで、腕の筋肉を強化してください。

手首を鍛えたり、握力を強くするのも、オススメです。

また、背筋も鍛えておく必要があります。

最後までしっかり振り切って、遠くまで飛ばすためには、腕の力だけでは足りません。

ホームランバッターを目指すためにも、背筋を鍛えるようにしてください。

それに、下半身の筋肉を鍛えると、素晴らしいバッティングができるようになります。

スクワットや走り込みなどで、上半身をゆるぎなく支えられる下半身を作りましょう。

これらの他にも、腹筋や肩の筋肉など、バッティングには全身の筋肉が必要になります。

でも、特に必要になるのは、腕、背筋、下半身ですから、重点的に鍛えるようにしてください。


ピッチング・スピードアッププログラム

 カテゴリ

 タグ

バッティングセンターでの効果的な練習方法は?

0-10.jpg


バッティングセンターで効果的な練習をするためには、バッティングフォームが完成されていることが前提条件になります。

バッティングセンターのマシンの球を打つことばかりに気をとられて、バッティングフォームが崩れてしまっては逆効果ですから、しっかりとバッティングフォームをかためてから行くようにしましょう。

それに、バッティングセンターで球を打つことに集中しながら自分のフォームをチェックするのは難しいので、できれば誰かにみてもらうようにしてください。

バッティングセンターに行くと、つい前に、遠くに飛ばしたくなりますが、正しいスイングでバットの芯に当てるということが何よりも重要になります。

また、同じような速度、球種の球ばかり打っていると慣れてしまいますから、ある程度の変化をつけるようにして自分を甘やかさないようにします。

もしくは、日によって球の速度や球種を決めて、徹底的に打つ練習をするのもいいですね。

それから、自分で立ち位置を変えてみたり、あえてファールを打つ練習をしたりと、練習に目的意識を持つようにしましょう。

せっかくバッティングセンターに来たのに、ただなんとなく打っていたのではお金と時間がもったいないですよ。

ピッチング・スピードアッププログラム

速球を投げる方法とは?

0-24.jpg

どうすれば、速球を投げられるようになるのでしょうか?

速球を投げる方法としては、速い球を投げるための妨げになっている要素を全部排除するというのがオススメです。

・リリースポイントは的確な位置か
・ヒップファーストになっているか
・ボールはちゃんと握れているか
・テークバックのトップの位置は正しいか
・スナップの使い方が間違っていないか

まずは、これらのポイントをチェックしてみてください。

他にも、体重移動がきちんとできているか、速球を投げるのに必要な筋肉がしっかり付いているかなど、確認すべき項目は数多くあります。

でも、とりあえず、これらのことができていなければ、速球を投げるのは難しいでしょう。

逆に言えば、これらのポイントを見直し、改善することで、今よりも速い球を投げられるようになるはずです。

例えば、リリースポイントがもっと前になったり、ボールの抜けがなくなったりするだけでも球速が変わります。

ヒップファーストやテークバックのトップの位置など、正しいピッチングフォームで投げることは、速球を投げるためだけでなくコントロールを良くする上でも重要です。

それに、スナップの使い方が間違っていると、せっかく速球を投げるために努力してきた全てが無駄になりますから、常に確認するようにしてください。

正しいピッチングフォームとは?

0-23.jpg

正しいピッチングフォームは、故障を防ぐためにも、コントロールを良くして速球を投げるためにも、しっかりと身につけたいものです。

ここでは、基本的なピッチングフォームについてお話します。

まず、リラックスした状態で大きく振りかぶってください。

この時、プレートをしっかりと踏んでいることがポイントになります。

そして、振りかぶるのと同時に左足を半歩後ろに引き、右足のかかとを親指の先を軸にするような感じで徐々に回転させましょう。

この右足の回転に合わせて、上にあげていた両手をおろします。

右足がプレートの半分くらいの位置で、平行になったぐらいのタイミングで、両手が胸の辺りにくるようにしてください。

また、左足も力を入れずに引きあげていきます。

両手を後ろに引いたら、左ひざを腰よりも高くなる位置まで引きあげますが、右足はまっすぐをキープしましょう。

両手を下げながら、あげていた左ひざを伸ばしつつ、今度は右ひざを曲げていきます。

左ひざが伸び、右ひざが曲がったところで、ホームプレートに向けてグラブをしている方の手を伸ばし、左足を踏み出すのです。

右足はひざを伸ばしてプレートを蹴ります。

左足が地面に付くタイミングで右足を捻り、ボールを持つ手を振り上げ、左足に体重をかけて、ボールをリリースしてください。

前田幸長の強豪チームの作り方
Copyright © 野球大好き All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。